チャービル(Chervil)

パセリのような味のハーブで、フランスではセルフィーユとも呼ばれる。

チャービルの説明

チャービルの葉には、ビタミンC、カロテン、マグネシウム等を含みます。ハーブティー、抽出液には浄化作用、肌の柔軟性を保つ働きがあるといわれています。

利尿、消化促進作用と血行促進作用があり、肝臓とカタルの疾患を治し、関節の痛みを和らげます。興奮作用があるため低血圧に良く、また関節炎のパップ剤として用いられます。

学名や産地

チャービルの効能

チャービルの主成分

・本サイトを利用する場合は、「ハーブ総合情報」のトップページにある、注意事項をよく読んでご利用下さい。

ラベンダー

Copyright © 2005 ハーブ総合情報. All Rights Reserved.